港区の人気エリア!白金の雑貨店を紹介!


 
港区に住んだら、毎日の生活使う雑貨は白金のおしゃれなお店で買いたいですよね?
 
ここでは白金の人気雑貨店を紹介していきます。
 

白金のリーズナブルな雑貨店

 
白金には高級感のある高い雑貨店しかないと誤解している人も多いですが、リーズナブルな雑貨店やカジュアルな商品を扱っているお店もあります。
 
例えば、無印良品やニトリ、プチプラドン・キホーテ白金台店などのチェーン店もあります。
 
また、RROZESTTのようなマット類が3,000円台、ハンカチが1,000円台、バッグが10,000円以下など激安ではないけれど、そこまで高額でもないお店もあります。
 

日々の暮らしを彩る本格的な雑貨のお店

 
白金にはプラチナ通りという有名なおしゃれショップが多い通りがありますが、それ以外にも上質な雑貨を扱うお店も多いので、覚えておきましょう。
 
例えば「雨晴」は人気作家がつくった食器を買えるお店です。
 
辻野剛さんや村上雄一さんなどの食器が販売されています。大皿などは高額ですが、箸置きなら900円台と気軽に買えます。
 
シンプルなデザインだけど味わいのある食器を使うと、それだけで毎日が楽しくなりますよ。
 
渡辺美奈代さんがセレクトした雑貨や家具が買える「kaguya-hime374」は、本格的なイタリアの家具を買えるお店です。
 
クラシカルで女性らしいインテリアが好きな人におすすめのお店です。
 
OUR FAVOURITE SHOPは、住宅街にある隠れ家のようなお店です。ヨーロッパの雰囲気がある雑貨や家具などだけではなく、服やアート作品なども販売しています。
 
お店に足を運ぶだけでも楽しみがありますよ。
 
Adam et Ropeビオトープは、シックで大人な雰囲気のお店です。店内には多肉植物がたくさん飾られていて、カフェで食事もできます。
 
ガーデングッズや植物がメインですが、コスメやファッション雑貨も販売されています。
 

オーダーメイドの雑貨を頼めるお店


 
白金にはオーダーメイドの雑貨を注文できるお店もあります。
 
既製品で気に入ったものがなかったらオーダーしてみましょう。
 
カーテンの生地を選んだり、ソファーのスタイルを選ぶことができ、自分好みのものを家におけるので、インテリアにこだわりがある人にぴったりです。
 
ワンランク上のおしゃれな部屋に出来ます。
 

まとめ

 
白金にはおしゃれな雑貨店がたくさんあります。特にセレクトショップは行くたびに新しい商品が入荷しているので、通う楽しみがあります。港区での暮らしを上質にするためにも、定期的に行ってみましょう!

六本木にある神社やお寺で心を浄化しよう


 
六本木にあるお寺や神社は業界人も多く通います。都内でも有名なパワースポットなので、足を運んでご利益をもらってきましょう。
 
ここでは六本木にある神社やお寺を紹介します。
 

全国的に有名な歴史のある神社やお寺


 
六本木にある神社や寺というと、人が多そうとか周りがビルで心が休まらないというイメージがあるかと思います。
 
でも、六本木に住んでいれば、平日の空いている時間に参拝できますよ。
 
「出雲大社 東京分祀」は、都内唯一の出雲大社の分祀です。明治初期に出来た歴史ある建物で、六本木駅から徒歩1分で行ける立地が魅力です。
 
受付時間が午前9時から午後5時までなので通勤途中によるのは難しいですが、休日に買い物のついでに立ち寄ることができます。
 
「法典寺」は立派な門が特徴で、境内から富士山が見えます。天気がいいとSNS映えする写真が撮れるのも魅力のひとつです。
 
周辺に背の高い建物はありますが、ひっそりとしているので心を落ち着かせたいときに訪れるのがおすすめです。
 

厳かな雰囲気の六本木神社やお寺

 
六本木のような都会でも落ち着いて参拝できる神社やお寺はあります。厳かな雰囲気の六本木にある神社やお寺を知っておきましょう。
 
「六本木天祖神社 龍土神明宮」は、東京ミッドタウンの近くにあります。
 
六本木駅から徒歩6分のところにあるのですが、日中でも厳かな雰囲気です。清潔感のある境内で気持ちを浄化できます。
 
「久国神社」は奥まったところにあり、鳥居と両脇に置いてある狛犬が立派な神社です。周辺に緑が多いので、リフレッシュにもなります。近くにある赤坂氷川神社とは少し違う雰囲気です。
 

長い歴史のある神社やお寺

 
六本木にある神社やお寺の中にも長い歴史があるところがあります。土地柄、最近できた神社と思われているところでも、実は由緒ある神社ということもあります。
 
例えば「六本木朝日神社」は、テレビ朝日の神社と誤解している人も多いですが、1080年の歴史があります。長い間、庶民の鎮守の社として親しまれてきた神社です。
 
都会の中心にある神社なのに、ここまで歴史が長いのは珍しいので多くの人が参拝しています。
 
入り口からの通路が狭くなっていて、奥が開けている作りになっているので、日常と非日常の切り替えができるのが特徴です。
 

まとめ

 
何か大事な用事があるときの願掛けや、日ごろの感謝を伝えたいと思ったときには六本木にある神社やお寺を訪れましょう。心を浄化して、穏やかに過ごせるようになりますよ!

港区で乗り換えられる路線は?電車情報


 
港区にはたくさんの沿線が通っています。東京メトロ各線、都営大江戸線、ゆりかもめなどです。
 
今回は港区の沿線でおすすめの駅について紹介していきます。
 

港区で乗れる東京メトロ沿線


 
港区でよく使われる沿線と言えば、東京メトロです。港区には多くの東京メトロ線が走っているので、覚えておきましょう。
 
港区の東京メトロは半蔵門線、銀座線、丸ノ内線、千代田線、日比谷線、南北線などです。
 
銀座線の虎ノ門駅は、お忍び個室居酒屋五右衛門新橋店が人気です。もつ鍋や牛タンしゃぶしゃぶなどが人気でランチは2,000円∼、ディナーは3,000円∼と通いやすい値段が魅力です。
 
日比谷線の神谷駅は1,000円以下で食べられる中華蕎麦屋伊藤がおすすめで、他にも七輪焼肉安安東十条店や、やきとんまるばなど安くておいしい飲食店が並んでいます。
 
南北線の六本木一丁目駅は、六本木ヒルズや東京タワーなどの観光スポットがあります。特に国立国会図書館がおすすめで、日本で出版されたすべての出版物を扱っています。
 
千代田線、半蔵門線、銀座線が通る表参道駅は、フライングタイガーコペンハーゲン表参道店がプチプラ雑貨が買えると人気です。是非立ち寄りましょう!
 

港区の都営線の人気駅

 
港区を走る都営線は、都営大江戸線、都営三田線、都営浅草線などがあります。
 
大江戸線の赤羽橋駅は、愛宕神社がおすすめです。出世の石段があり、都内でいちばん高い愛宕山があるので、いつもと違った視点から港区を観られます。
 
三田線の御成門駅は、御成門駅には鳥森神社があります。商売繁盛、技芸上達、家内安全などの御利益があり、鳥の模様が印象的な御朱印をもらえます。
 
浅草線の高輪台駅は、品川シーズンテラスがあります。大規模な商業施設で歯科やコンビニなど実用的な施設や、カフェやファッション雑貨を扱うお店などが入っています。
 

ゆりかもめの人気駅

 
ゆりかもめにも人気の駅はあります。港区に住んだらぜひ乗りたいゆりかもめでおすすめの駅は以下の通りです。
 
日の出駅は、イタリア公園があります。イタリア公園は日本とイタリアの交流のしるしとしてイタリアから寄贈される形でつくられました。海外にいるような雰囲気に浸れます。
 
芝浦ふ頭駅はレインボーブリッジがあります。
 
車で通るよりも最近は歩いて渡るのが人気なので、時間がある時に挑戦してみましょう。
 

まとめ

 
港区にはさまざまな沿線沿いの名所があります。グルメ、買い物、レジャーなどジャンルを問わないので充実した生活を送れますよ!

六本木に住んだら行きたい!美術館まとめ


 
六本木には日本屈指の美術館が集結しているのを知っていますか?
 
気軽に行ける距離に有名な美術館があるので、ぜひ通ってみましょう。
 

絶対に外せない!六本木の美術館

 
六本木には、全国的に有名な美術館があります。それぞれ違った特徴があるので、知っておきましょう。
 
国立新美術館は特定のコレクションを持っていないのが特徴です。行くたびに違う企画をやっているので、国内最大級のスペースでさまざまな作品を鑑賞できます。
 
古典美術と現代美術を比べる企画、アニメ作品の企画などをやっていて感性をみがけますよ。
 
STARS展では日本の現代アートを代表する草間彌生さんの作品を展示することもあり、有名芸術家の作品を生で観られます。
 
森タワーの最上階にある森美術館は、アジアの現代アート作品をコレクションしています。日本の作品が多いですが、絵画やドローイングだけではなく、彫刻、映像などの展示もあります。
 
どちらも周辺にグルメスポットがたくさんあるので、アートで感性を磨いて食欲を満たすこともできます。
 

生活の中のアートに触れる美術館


 
伝統的な芸術作品や現代アートなどはあまり興味がないという場合は、日常生活の中のアートを展示している美術館がおすすめです。
 
駅からすぐ行ける東京ミッドタウンガレリア3階にあるサントリー美術館は、平安時代からの国法などを展示しています。
 
どれも日用品なので、せっかく行ったのに作品が何を表現しているのか分からないということになりません。オリジナルグッズのショップやワークショップなどもあります。
 
東京ミッドタウン内でご飯を食べたり、買い物もできるので休みの日は1日遊べますね。
 

写真で日本の歴史を振り返る美術館

 
アートはよく分からないけど日本の歴史が好き、写真が好きという人は富士フィルム写真歴史博物館がおすすめです。
 
170年以上の歴史がある富士フィルムのアンティークカメラ、フィルムの変化の過程の展示などの他、貴重な写真も展示しています。フォトサロンもあるので、写真好きはとことん楽しめます。
 
美術館は感性を磨くだけではなく、歴史を学ぶこともできます。興味のあるコレクションや新しい企画があったら足を運んでみてください。
 

まとめ

 
六本木はアートの街として有名なので、多くの美術館やアートスポットがあります。非日常を味わえたり、教養を身につけたりできます。ぜひ気軽に行ってみましょう!

港区で通える!有名企業の社内食堂まとめ


 
最近の社員食堂は一般の人でも利用できるようになっています。ふつうのおしゃれなレストランで食べるのとは、ちょっと違う楽しみを味わえるチャンスです。
 
港区にある有名企業の社員食堂の中から、おすすめなところをお話していきます。
 

港区にある人気の社員食堂

 
一般解放されている社員食堂の中には、まったく馴染みのないところもあります。せっかくなら知っている企業や施設の食堂がいいですよね?
 
例えば、港区役所の社員食堂は、レストランポート1階にあります。広くて入りやすいのが魅力でカレーライスや定食、そばなど定番のメニューが東京タワーを眺めながら食べられます。
 
テレビ朝日の社員食堂は、夏休みのテレ朝祭り限定で一般の人でも食べることができます。味はおいしいですが、大人気なのでとても混んでいます。
 
港区にある有名企業の中には、期間限定で食堂を解放しているところもあります。事前に期間や時間を調べてから訪れてみてください。
 

有名企業の社員食堂

 

 
トヨタ系列の企業の社員食堂は、センチュリー内にあり、ビル内で働いている人がいつも来ているのでなかなか食べることができません。
 
人気というよりは、周辺に食堂がないので混んでいるといった感じです。
 
しかし、509円の大盛カレーをはじめ、財布に優しいメニューが揃っています。女性もひとりで入れる雰囲気の食堂です。
 
労働委員会会館の中にある社員食堂アクボも港区で有名です。ビルの7階にありますが、ロビーに看板が出ているのではじめて行く人でも分かりやすいですよ。
 
大盛カレーのメニューが530円とリーズナブルです。
 
他には、増上寺会館にある大食堂も人気です。値段もリーズナブルですし、メニューも多いので多くの人が利用しています。
 
ただ、お坊さんと一緒に食事ができるというわけではありません。
 

社員食堂に行くのに抵抗があるなら

 
社員食堂は、基本的にその企業や施設で働いている人たちのためのものです。
 
昼休み時間に行くと混んでいますし、無関係なビルに入るのは抵抗があるという人も多いですよね?
 
そういう場合は、港区にある社員食堂のような雰囲気の飲食店がおすすめです。
 
「湾岸食堂 波止場」は日替わりランチ600円と良心的な値段とボリューム、そしてどのメニューを頼んでもおいしいと評判のお店です。
 

まとめ

 
港区の飲食店はおしゃれすぎて入りにくかったり、高かったりするところが多いですが、社員食堂を活用すると食事を押さえることができます。

港区の観光スポットに出かけよう!


 
港区に住んだらいつでも通える観光地は、ぜひ押さえておきたいですよね?
 
ここでは港区の有名な観光スポットをおさらいしていきます。手軽に行けるところばかりなので、ぜひ足を運んでみてください。
 

定番中の定番お台場には見どころがいっぱい

 

 
お台場は建築設計士である丹下健三氏がデザインしたフジテレビ本社やレインボーブリッジだけではなく、見どころがいっぱいあります。
 
東京の最新トレンドが集結しているショッピングモールのビーナスフォートや自由の女神、ダイバーシティ東京プラザにある実物大ガンダムなども人気の撮影スポットです。
 
ただ、人がたくさんいるので、どこを録ろうとしてもうまく撮れない可能性もあります。そういう場合は夜にお台場を訪れて、離れたところから夜景を撮ってください。
 
海に面しているお台場は実は夜景がとてもきれいなスポットです。
 
もし、出かけてみて雨が降っている場合は、屋内型の東京ジョイポリスで思いっきり楽しみましょう。
 

品川に行ったら水族館へ行こう

 
品川に行ったら、マルセルアクアパーク品川に行くのがおすすめです。
 
開業10周年で大幅にリニューアルし、水と光と音が連動する空間に生まれ変わっています。
 
これまでの品川エキマエ水族館はふつうの水槽展示が中心でしたが、カラフルな照明に照らされた水の生き物を観られる最新スポットに生まれ変わっています。
 
以前からあるドルフィンパフォーマンスも音と光とコラボして、さらに見ごたえのある内容になっています。
 
駅から徒歩2分で行ける立地も魅力です。
 

癒しが欲しいなら落ち着いたお店がピッタリ

 
港区に住んでいるからといって、はじけたところにばかり行きたいわけではないですよね?
 
癒しが欲しい時は落ち着けるところに出かけましょう。
 
根津美術館は国宝や重要文化財を中心に7400件くらいの美術品が展示されており、年7回展示会を開催しています。本格的な日本庭園もあるので、緑を見て癒されることもできます。
 
食事をしながら癒されたい場合は、青山フラワーマーケット ティーハウスがおすすめです。花屋の奥にあるレストランで緑と花に囲まれながら食事ができます。
 
性別関係なく、若者から大人までくつろげる空間です。
 

まとめ

 
港区は刺激的なスポットが多いですが、日々の疲れをとれる癒しのスポットや上質なものに触れられるところも多くあります。毎日の生活に彩を加えるために、定期的に訪れてみましょう!

港区で乗ろう!ちぃばすルート解説

港区を走っているは8つのルートがあります。
 
それぞれのルートには見どころや名所があるので、ちぃばすルート上のおすすめなところを紹介していきます。
 

ちぃばすルートの憩いの場所

 

 
ちぃばすのルートは8つあり、それぞれの名所の名前がついています。名所が分かりやすいので、周辺スポットを知っておきましょう。
 
芝ルートは、芝公園や鳥森神社、新橋などがあります。東京タワーを撮影するのにぴったりな並木道があったり、公園の近くには増上寺があります。
 
もともとは増上寺も芝公園の敷地でしたが、今は分けられています。
 
麻布西ルートは、麻布十番、広尾、光林寺があります。特に広尾駅は有栖宮記念公園という2つの滝がある自然豊かなウォーキングスポットがあります。
 
駅から3分で行けるので、気軽に立ち寄れますね。
 

ちぃばすルートの注目スポット

 
面白いスポットも多いちぃばすの路線上で、穴場を探してみましょう。
 
麻布東ルートには、六本木や東麻布一丁目などがあります。東京タワー下は東麻布一丁目なので、観光におすすめです。
 
また、ルート上の虎ノ門五丁目はゴーストタウンと言われていますが、昭和レトロな写真を撮れるスポットがたくさんあります。また廃墟マニアにはおすすめなところです。
 
青山ルートは、青山や表参道など人気な地域が集まっています。青山は岡本太郎美術館が有名ですが、秩父宮ラグビー場があります。
 
最近、一気に人気スポーツの仲間入りしたラグビーを観れる国立競技場ですよ。
 
赤坂ルートは、赤坂だけではなく、南青山一丁目、六本木六丁目、乃木坂公園などがあります。乃木坂公園にはベンチが置かれたスペースが2か所あり、オブジェとバランスのとれた植物が植えられてます。
 
高輪ルートは、高輪一丁目から四丁目などがあります。二丁目にはブーランジェリーセイジアサクラ、サルマ ティッカアンドビリニヤなどの名店があります。
 
芝浦港南ルートは八千代橋、芝浦アイランド、みなとパーク芝浦などがあり、町田ルートには町駅前、東麻布二丁目などがあります。
 

ちぃばすの切符はどう買うのか

 
ちぃばすの切符は、車内で運転手から買うことができます。
 
1枚500円です。六本木ヒルズを中心に広いエリアを運行しています。
 
ふつうのバスと共同のバス停もありますが、専用バス停もありますよ。
 

まとめ

 
港区に住んだら乗りたいちぃばすは人気エリアを移動するのにぴったりです。料金も安いので毎日の買い物に、通勤に、どんどん活動しましょう!

港区に住んだら駐車場事情を知ろう

港区のような都心は駐車場を契約するのが大変です。

なかなか見つからなくて苦労することが多いので、ここでは港区の駐車場はどこなのか紹介していきます。

港区の新しい駐車場は50件以上


実は港区には新しい駐車場が50件以上あります。でも、ビジネス街も多い港区ではすぐにいっぱいになってしまいます。

南青山や浜松町、東麻布などにもありますが、例えば、南麻布の場合はこんな条件です。

・屋内で平面構造
・月額は40,000円
・マンションの1階にある
・停められるのは7台まで
・24時間使える

このように地方でよく見るような数十台分の規模の駐車場ではありません。港区には大型の月極駐車場よりも小規模な駐車場の方が多いです。

点在していても、すぐに契約が埋まってしまう理由が分かりますね。

大型のタワーパーキングの料金

数百台規模で停められるタワーパーキングは港区にもあります。具体的な一例を紹介しましょう。

・平日24時間ロールーフは最大で2,500円
・平日24時間ハイルーフは最大で3,000円

土日はロールーフで1,800円、ハイルーフで2,000円と24時間でも平日よりも安いです。

月極ではありませんが、買い物に車で行くときに使えますね。

ちなみに、千葉県のタワーパーキング料金は最大料金が6時間で1,000円です。港区でもレンタル駐車場は他の県とほとんど同じ料金で使えます。

小規模なところだけではなく、大型の駐車場も見つけやすいです。

港区の駐車場平均料金

港区の駐車場料金は、月極だと月額47,400円台、東京全体の相場は30,000∼40,000円台なので、少し高めです。

日本全国の平均月極駐車場の月額料金は、8,300円くらいです。

港区の駐車場は全国平均の5倍以上です。愛車がある人は節約のことを考えると、手放すことも考えないといけない金額ですね。

ただ、港区内でも芝公園周辺に3,6000円くらいで使えるところや、赤坂にも3,500円で使えるところもあります。

メリーゴーランド式という機械式の駐車場だったり、平面だったりと場所によって条件が違うので選ぶ際は確認しましょう。

30,000円台でも全国平均よりは圧倒的に高いですが、港区内では安い方です。

六本木には60,000円台の駐車場もあるので、同じ港区でも2万円以上の差があります。

まとめ

港区の駐車場は数が少なく、ひとつひとつに停められる台数も限られています。その上、料金も全国の5倍以上なので、車を持つのは大きなリスクがあります。

レンタカーとレンタル駐車場を利用する方法も考えておきましょう!

テレビ朝日の施設で遊べるポイントまとめ


 
年中無休のテレビ朝日は六本木の定番観光スポットです。普段テレビ局に入ることがほとんどない一般の人でもお土産を買うことができます。
 
ここではテレビ朝日本社の遊べるポイントをお話していきます。
 

営業時間を把握してから行く


 
テレビ朝日は意外とはやく開場し、はやく閉場します。午前9時から午後8時半までの営業時間で、日曜日は午後8時までです。
 
テレビ局は夜型のイメージがあるため、10時くらいまで空いていると思ったらもう閉まっていたという人も多いはずです。そういうことにならないように、はやめに行きましょう。
 
テレビ朝日本社に入ると右手に人気番組にちなんだグッズが置かれている売店があり、左手には各番組のポスターや撮影ブースがあります。
 
ブースでは、フォトジェニックな記念写真をたくさん撮ることができます。
 
特にミュージックステーションの階段のみにセットや、徹子の部屋のミニセット、ドラえもんののび太の部屋、タイムマシンのミニセットなどが人気です。
 
ただ、1階の写真ブースはあまり広くありません。混んでいる時間帯をさけていきましょう。
 

テレビ朝日限定のガチャガチャなどの人気グッズ

 
テレビ朝日のアナウンサーのガチャガチャや人気番組のガチャガチャもあります。お土産を買っていきたいけど、人と被るのが嫌という場合はガチャガチャがおすすめです。
 
入口右手の売店のグッズは、テレアサショップ東京駅店では買えないものがおすすめです。
 
人気なグッズは、テレビ千鳥のビーチサンダル、相棒 特命係 木札クッキーⅢ、おっさんずラブin the skyの成瀬竜ネームバッジなどです。
 
また、ドクターXの海老名敬えびせんべいもあります。
 
子供向けの番組やバラエティが多いテレビ朝日ですが、グッズはドラマに関連したものが人気です。
 

食事は六本木ヒルズで!

 
テレビ朝日は1階しか入ることができず、広さはあまりありません。飲食店もないので、食事は目の前の六本木ヒルズで楽しみましょう。
 
Nicolai Bergmann NOMU 西麻布は六本木にある穴場カフェで、ランチは3,000円くらいで食べられます。木をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気でサンドイッチやパニーニが食べられます。
 
また、広い毛利公園も駅に行く途中にあるので、散策してから帰るのがおすすめです。たくさんの植物が植えられている公園です。
 

まとめ

 
六本木にあるテレビ朝日は周辺に観光するところがたくさんあるので、周りの情報も調べてから行くとその日1日を楽しむことができますよ!

六本木のファストファッションのお店


 
六本木に住んでいると高級なファッションを取り扱っているお店ばかりで、服代が高くなってしまいます。
 
しかし、六本木駅周辺にもファストファッションのお店はあるので、知っておきましょう。
 

全国に店舗がある安心のファストファッション

 
東京ミッドタウンや六本木ヒルズには、有名なファストファッションのお店があります。
 
東京ミッドタウンプラザB1階にはユニクロがあります。高品質なアイテムを色違いで気軽に買えるほどの低価格で販売しています。夏はエアリズム商品が、冬はヒートテック商品が充実するので、毎日の生活が快適になります。
 
日本のファストファッションとは一味違うZARAは、六本木ヒルズウエストウォーク3階と4階にあります。
 
普段着からオフィスカジュアル、ドレスまで揃いますし、トレンドを押さえたアイテムに気軽に挑戦できます。
 
シンプルでありながらトレンドのシルエットで旬のコーデを実現できる無印良品も、東京ミッドタウンプラザB1階にあります。服だけではなく生活雑貨も揃うので便利ですよね。
 

ファッション以外も買える安いお店

 

 
六本木周辺には、ファッションと雑貨を取り扱っている安いお店があります。
 
日本にまだほとんど上陸していないPlanet blue worldは、ファッションも雑貨も販売しています。
 
日本のブランドではなかなか見ないカラフルな色の服は1枚コーデに取り入れるだけでも、雰囲気を変えることができます。
 
六本木の他のお店ではワンピースが5万円以上することもありますが、Planet blue worldでは1万円台で買えます。
 
WTWはサーフスタイルの雑貨店ですが、Tシャツやキャップなどを買うことができます。
 
Tシャツが1枚4,000円とそこまで高くないので、気軽に買うことができるでしょう。雑貨もトートバックやタオル、ルームシューズなどが1,000円台で販売されています。
 

激安ストアでまとめ買いもできる

 
六本木にはイメージとはかけ離れた激安ストアもあります。節約しながら日用品を買いそろえましょう。
 
ドン・キホーテ六本木店は、六本木一丁目駅から徒歩10分のところにあります。大型店で家中のものを買いそろえられます。
 
高級でおしゃれな雑貨を部屋のアクセントにして、基本的には激安店で揃えるという人が多いです。
 

まとめ

 
六本木で生活していると高級店ばかりで節約が難しいですが、探すとリーズナブルなお店は見つかります。こだわりの高級店と激安店をバランスよく活用して、無理をせずにおしゃれな生活を送りましょう!

サイドバー
news

東京・六本木・麻布十番のシェアハウス
麻布ガーデニアからのお知らせ

2020.07.07

六本木モダンアートスポットで感性を磨く

六本木は伝統的なアートを鑑賞できるところも多いですが、モダンアートを楽しめるスポットも多いです。   格調高い美術館は苦手でも、レジャー施設のように気軽に行けるモダンアートを知って気分転換に活用しましょう。   人気アニメとコラ...