Information

麻布ガーデニアBLOG

2020.11.15

文部科学省が近い虎ノ門!シェアハウス教育



 
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」の近くには、文部科学省があるというのを知っていますか?文部科学省というと、「教育」のイメージが非常に強いですが、文部科学省が行っているのは、実は教育だけではないのです。虎ノ門駅から近い、文部科学省について紹介します。
 

駅から直結!文部科学省

 

 
文部科学省と言うと、学校の教科書などの教育のイメージが強いですよね。この文部科学省はどこにあるのでしょうか?
 
文部科学省は、銀座線「虎ノ門駅」からすぐのところにあります。6・11番出口からすぐで、11番出口からだと直結になっています。
 

文部科学省って何をするところ?

 
虎ノ門駅から近い、文部科学省って何をするところか知っていますか?教育以外のイメージが全然湧いてこないという人が多いと思います。
 
しかし、実はこの文部科学省は幅広い役割を担っているのです。教育はもちろん、他にも、学術、スポーツ、文化の振興などの役割があります。
 
組織図で言えば、この文部科学省の下に、スポーツ庁、文化庁などの組織が入っています。スポーツや文化についても実は文部科学省の管轄になっていたということを知っている人は少ないでしょう。
 
文部科学省の組織図や大臣・副大臣・政務官、幹部名簿などは文部科学省の公式サイトで確認することができるので、文部科学省についてもっと知りたいという人は、ぜひチェックしてみましょう。
 

文部科学省のシンボルマークについて

 
文部科学省のシンボルマークを見たことがあるでしょうか?このシンボルマークは、「羅針盤」をモチーフとして作成されたものです。
 
このシンボルマークには、教育、学術、スポーツ、文化などを通して、希望に満ちた未来を目指すという役割を表していると言われています。
 
シンボルマークには、瑠璃色と空色が使用されていて、瑠璃色は、強い意思、品格、知性を意味していて、空色は、誠意、未来への広がりを意味しているそうです。
 
文部科学省は、教育だけでなく私たちの未来の為に様々な仕事をしているということを知っておくと面白いですよ。
 

まとめ

 
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」の近くには、文部科学省があります。文部科学省というと、教育と言うイメージが強いですが、実は教育だけでなく、学術、スポーツ、文化の振興などの役割があります。文部科学省の情報は、公式サイトでチェックできるので、興味のある人は、チェックしておきましょう。

\   LET'S SHARE!   /

news

東京都心のソーシャルアパート
シェアハウス麻布ガーデニアからのお知らせ

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com