Information

麻布ガーデニアBLOG

2020.07.07

シェアハウスの利点は?共有と交流が魅力



 
シェアハウスに住むメリットは生活費を節約できることが大きいです。
 
しかし、世代によっては、それ以外のメリットに惹かれてシェアハウスでの生活を選んでいます。
 

シェアハウスに住むメリットは交流の広がり

 
20代の社会人でも、30代の社会人でも、仕事が忙しく関係者意外と交流を持てないという人は多いです。一人暮らしだと家に帰っても一人で過ごすことになってしまいます。
 
しかし、シェアハウスに住んでいれば、他の入居者が出迎えてくれるので平日でも人とお酒を飲みながら話をすることができます。
 
また、異業種の人と住んでいる場所で交流を持ち、意見交換ができるのがメリットです。
 

共通の趣味で盛り上がれるシェアハウス

 
シェアハウスの中にはコンセプトが具体的に決まっているところもあります。
 
「スノースポーツ好き」「アウトドア好き」「料理好き」などコンセプトのあるところなら、共通の趣味を持つ人とつながりやすいです。
 
シェアハウスの共同生活を通じて、趣味の輪を広げSNSで発信する人も増えています。
 
また、女性専用のシェアハウス、学生専用のシェアハウスなどもあり、共通の悩みを相談できる環境が整っているところを選ぶと精神的な支えになります。
 

規模によってメリットが違う

 
シェアハウスは規模によってメリットが違います。
 

小規模・2-4人 他に入居者がいなければ一人暮らし気分を満喫できる
中規模・5-20人 交流を広げるのにちょうどいい規模
大規模・20人以上 交流をしてもしなくても生活に問題がない

 
シェアハウスは小規模な場合、他に入居者が入ってこなければ一人暮らし気分を味わうことができます。ただ、2人規模の場合は知らない人と2人で生活をすることになるので、関係性を築くまでは気を使います。特に朝の水回りなどが混雑する可能性があります。
 
中規模になると、合わない人がいても人間関係で悩む可能性は減ります。
 
しかし、仲の良いところだとみんなでドライブに行ったり、お花見に行ったりとイベントが多いので合う合わないがはっきり分かれます。
 
共同スペースは広くつくられていることが多いので、混雑しにくいですが、リビング周辺がうるさくなることが多いです。
 
20人以上の規模の場合、一切他の同居人と交流をしなくても問題ありません。仕事が忙しくない時はみんなとの交流を楽しみ、忙しい時期は話さないなど、切り替えがしやすいです。
 
また、共同スペースが広いので混雑することがありません。
 

まとめ

 
シェアハウスのメリットは節約だけではなく、交流が持てることです。ただどんな交流がしたいかによって合っている規模が違うので、特徴を知った上で探してみましょう!

\   LET'S SHARE!   /

news

東京都心のソーシャルアパート
シェアハウス麻布ガーデニアからのお知らせ

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com