2020.07.07

六本木モダンアートスポットで感性を磨く



六本木は伝統的なアートを鑑賞できるところも多いですが、モダンアートを楽しめるスポットも多いです。
 
格調高い美術館は苦手でも、レジャー施設のように気軽に行けるモダンアートを知って気分転換に活用しましょう。
 

人気アニメとコラボもしたアートスポット

 
六本木を代表するアートスポットの森アーツセンターギャラリーは、ワンピース展をやったことで有名です。
 
人気アニメの企画をしていない時も、食事中の絵画を集めた「おいしい浮世絵展」などユニークな企画をやっています。
 
美術館は企画をやっていないとどう楽しんでいいか分からないという人も多いですが、楽しい企画が多い森アーツセンターギャラリーなら、作品の見どころが分かりやすいです。
 
2001年に誕生したストライプハウスギャラリーは、作家に焦点を当てた企画を定期的に開催しています。美術に詳しい人や、好きな芸術家がいる人は相性の良い企画があったら足を運んでみましょう。
 
これまでに2020年「土屋さやか人形展」や2016年「織・池田洋子展」などを開催しています。
 
また、音楽や朗読公演などのイベントも開催しています。
 

さまざまなクリエイターの世界観を感じられる


 
六本木にあるモダンアートスポットには、さまざまなクリエイターの世界観に没入できるところがあります。
 
21-21DESIGN SIGHTは、世界をとらえる視点を磨くをテーマにしていて、展示されている作品だけではなく、建物そのものもモダンアートな空間です。
 
大きな空間で作品に触れると、別世界に来たような感覚になれます。
 
モダンアートは建物や空間と連動しているものが多いので、自分がアートの中に入り込んだような体験ができます。ここなら本格的なアート空間を楽しめますよ。
 

大げさなアートスポットが苦手な人向け

 
大規模なアート体験や大げさなモダンアートは苦手という人には、ちょっとした時間で鑑賞できる眼科の下にある小規模ギャラリーがおすすめです。
 
深作眼科医院長の深作秀春さんが運営しているギャラリーで、眼科が入っている建物の1階と地下1階で定期的に芸術を楽しめる企画が行われています。
 
いつでもアートを楽しめるわけではありませんが、ミッドタウン前の眼科に行ったついでに立ち寄れるのがうれしいですね。
 

まとめ

 
六本木のアートスポットはそれぞれ違った個性があります。あなたの感性に合うアートスポットを見つけたら、あたらしい企画をチェックして興味のあるものに通ってみましょう!

\   LET'S SHARE!   /

news

東京・六本木・麻布十番のシェアハウス
麻布ガーデニアからのお知らせ

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com