麻布十番であの日本酒がこの値段!?珍しい銘柄を原価で飲める「和食バル」

冬になってお鍋やこたつが恋しくなってきましたね。こういう時は暖房の効いた部屋でゆっくりと熱燗を飲みたいななんて人もいるんじゃないでしょうか。

そんなみなさん、今年は家じゃなくて麻布十番にできたとある居酒屋で、あの銘柄を原価で楽しむのはいかがですか?

ガーデニアから徒歩4分にある「和食バル」

麻布十番駅からは徒歩5分、そして麻布ガーデニアからは徒歩4分という好立地の場所にある、居酒屋の「和食バル 日本酒原価酒蔵 麻布十番店」。

スクリーンショット 2016-12-12 14.57.16

先週12/7(水)にオープンしたばかりのこのお店、すでに様々なメディアで取り上げられて注目を浴びてるんです。その最大の特徴はまさにその店名にあります。

「日本酒原価酒造」

そうです、なんとこの居酒屋さんは日本酒を原価の値段で楽しむことができるんです!

え、あのお酒がこの値段!!?

試しに公式HPに記載されているメニュー表を覗いてみると、その料金の凄まじさがよくわかります。

例えば日本酒ファンでなくても一度は耳にしたことがある「獺祭」。1合でも普通の居酒屋さんで飲めば1000円近くかかってしまうお店も少なくないのですが、このお店ではなんと395円。

そして山形の銘酒として名高い「十四代」も、ここでは327円の値段で飲めちゃうわけです。今までのお店で一番安かったのが1杯(1合よりやや少なめ)で500円程度だったので、そこから見ても破格の値段なのがよくわかります…。

まさかの飲み放題プランもあり

そんな数々の銘酒が用意しているこのお店では、なんと先ほど紹介した日本酒もメニューにある飲み放題プランが1時間900円で用意されているんだから驚きです。

どれもこれも1合1000円越えしそうなお酒ばかりがラインナップされているわけですから、1杯でも頼めば全然元がとれる計算です。酒豪はぜひどれだけ飲めるかチャレンジしてみてはいかががですか?

日本酒にぴったりな料理も魅力

こちらのお店は料理も美味しそう。魚介系を中心にしたお刺身やお寿司といったメニューの他、この時期には嬉しいもつ鍋なんかもしっかりあります。

和食バルメニュー2

3種類のコース料理でもそれらを堪能できるので、これからのシーズンでゆっくりお酒と料理を楽しみたいのなら、一押しのお店になりそうですね。

公式サイトはこちら

(画像は公式HPより引用)