シェアハウスを探すときの大事なポイント『清掃環境』について

入居者だけでなく管理者にとっても大切な「清掃サービス」

清掃

シェアハウス麻布ガーデ ニアにおいて、『清掃は大事な提供サービス』のひとつです。

シェアハウスは個室以外では他の入居者様と共有するスペースがいくつもあります。その共有場所、特に水回りの汚れが目立ってしまうと不快に感じる人も多いでしょう。デリケートな人の中には、洗面台の跳ねた水滴も不快に感じてしまいます。

清掃に対する満足度は個人差が大きいものですが、シェアハウスに限らず共同生活を送っていると、自分以外の人が片付けていないことが原因による汚れや散らかっているという状況は特に目に付きやすいものです。

ほとんどのシェアハウスは共有スペースを使用するときに様々なルールを設けていますが、それは不満が募った末に起こるトラブルを防ぐためです。こうした状態を回避するためには、入居者様に限らず管理側もシェアハウスの清掃業務を通じて清潔感を保つことは、重要かつ難しい仕事とも言えます。

シェアハウスの管理運営の方法は団体によってバラバラ

シェアハウスは物件を運営している団体や入居者様の状況によって、その管理運営の方法が大きく異なります。そのため、清掃業務を通じてシェアハウスが清潔に保たれているかもその管理運営方法によって大きく差が出るのです。

近年数多くのシェアハウスが誕生していますが、今後就職や転職、あるいは転勤や入学などを通じてシェアハウスを検討されている方は、そのシェアハウスの清掃が行き届いているかに着目されるといいでしょう。
※麻布ガーデニアでは内覧の受付を随時承っています。清掃にはどのシェアハウスよりも気をつけている自負がありますが、もしも建物内で気になる箇所がありましたらなんなりとご指摘ください。皆様のお声を今後の貴重な意見とさせていただきます。

上で紹介したようなトラブルに限らず、清掃は行き届いているに越した事ありません。綺麗にしすぎて気を悪くされる方は、まずいらっしゃらないでしょう。

そんな思いもあり、今日は朝からせっせと清掃に励んでおりました。
スタコラサッサ〜っと

麻布ガーデニアでは清掃会社二社に清掃業務を委託していますが、洗面スペースや冷蔵庫内等のプライバシーに関わる部分は限界があります。そのためこれらの部分に関しては建物内に常駐している管理会社の人間が定期的にチェックと清掃を実施しています。

中にはこんな掘り出し物が見つかることも…

この日はエントランス、6階メインリビングダイニング、共用冷蔵庫を片付けました。すると、冷凍の中に保存されたものがこんなに発掘されました。(汗)

清掃

後々のことを考えて冷凍したものだと思いますが、共用の冷蔵庫に入っていて相当期間が経っていたこともあり、廃棄といたしました。

取っておきたい気持ちは十分わかりますが、料理はやはり出来たての美味しいときに食べきってしまうことも大切です。それで余るようでしたら、せっかくのシェアハウスですので他の入居者様へお裾分けをするのも良いでしょう。これも、物を粗末にしない方法と言えるでしょう。こういったシェアハウス内の共有スペースの管理も、私たちはサポートしております。

清掃

普段お見せすることはありませんが、麻布ガーデニアではこのようなバスマットを敷いています。

清掃

珪藻土で出来ているので水分が一瞬で吸収され、不快感なく衛生的なのが特徴です。他にどんな風に建物内を管理しているのか。ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください!