虫の季節

暖かくなり、過ごしやすいですが、虫も増えてきました。
カ・ハエ・アリその他、虫の対策として
PGガード

アリハンター

ご用意しました。
アリは下記の修正があるようです。
結婚式という表現がいいですね。
空の上で結婚式
1. 結婚(けっこん)をする。(夏のはじめ)。 クロオオアリは、5月20日前後に結婚します。雨上がりでむし暑い、ほとんど風のない時に、空へ飛(とん)で行(い)って結婚をするのです。一番早いクロナガアリは4月の終わりに、キイロシリアゲアリは9月に結婚飛行(けっこんひこう)をします。
結婚飛行(けっこんひこう)の準備
結婚飛行が近づくと、巣口(すぐち)ではあわただしく働(はたら)きアリが出入りする。むすこアリ(雄アリ)も頭を出すが、まだ早すぎると、働きアリに足をくわえられて巣にもどされる。高い場所からとび立つ  とうとう、おさえきれないようにむすこアリ(雄アリ)が巣口(すぐち)からとび立った。でもお腹の大きなむすめアリ(雌アリ)は、重くてなかなか飛(と)び上がれない。草の茎(くき)などに登り、高い場所から飛び立つ。 4月 巣を開く5月 結婚飛行(けっこんひこう)母アリ(雌アリ)が卵(たまご)を産(う)む6月 幼虫が育つ8月 働(はたら)きアリが活躍(かつやく)する11月-3月 冬越(ご)し 春になり、土の表面が暖(あたた)かくなり、この暖かさが、アリのいる所まで広がっていくと、 アリたちは、急に巣の入口を開けて、外へ出始める。東京では、4月の始めごろ。